ライスフォース

「最近化粧品変えた?」「肌がきれいになったね。」ライスフォースを使ってみて、自分でも変わった気がしていたけど、友人や家族に言われてやっぱり変わってるって確信するようです。
その“肌自らがキレイになる力”を育むのがライスフォースです。

保湿するだけの時代に、さよならを。うるおいは、もう、肌でつくれる時代です。
いまも未来の肌も美しく。使い続けるほどに肌の内側からふっくら、キメが変わる体験をご一緒に。

CONCEPT 素肌の力を呼びさますスキンケア

「ライスパワー®No.11エキス」。
科学では解明できないコメ発酵の生きたパワーを一滴一滴に。
肌の改善効果(※)が認められた日本でただ一つの有効成分を高濃度で配合したライスフォース。うるおいを作る鍵となる「セラミド」を自らの力で作り出し、肌の内側にうるおいを閉じ込めます。使い続けるほどにうるおいが根づいて肌本来の美しさを取り戻し、肌の奥から、ハリ・弾力・透明感のある“キメなめらかな肌”に整えます。その変化は使用前後の肌を比較してお届けする「結果がわかる肌分析」で実証しています。2002年の発売より愛されるロングセラーで信頼と実績のあるスキンケアシリーズです。

  • 水分保持能改善効果のこと

STORY お米に秘められた、無限の可能性

乾燥、しわ、シミ、くすみ、毛穴、たるみ、毎日しっかりケアしていても解決しない肌の悩み。スキンケアでどこまで肌を変えられるのか?根本的に解決することはできないのか?
スキンケアに頼るのではなく、自立した「肌を育む」という考え方に着目して、開発はスタートしました。そこで注目したのは、自然の生命力。たどり着いたのは、無限の潜在能力と可能性を秘めた「ライスパワーエキス」でした。
弊社代表の沼田が自然由来のこの素晴らしい素材に目をつけ、まず商品化にこぎつけたのが、敏感肌向けの「アトピライトクリーム」。アトピーほどのドライスキンを改善することができるその実力。その後、ユーザーの喜びの声に背中を押されスキンケアシリーズの「ライスフォース」を展開。それ以来、ライスパワーエキスひとすじに、商品ラインナップを充実させてきました。発売当初からのお客様と共に歩み、現在は20代から70代以上の方まで幅広い年代の方に愛されています。

販売戦略に基づいて、商品企画や商品設計がはじまります。それを受けて、商品開発の現場では、実現可能な商品レシピに落とし込むために様々な方法を考えます。そのフィードバックを受けて企画側ではさらに戦略プランをブラッシュアップ。

何度も何度も試作を繰り返し、使い心地も納得いくまで改良を重ねる。このようなやり取りを繰り返し、新商品は生み出されます。なかには企画から世にでるまで2年かかることも。活きたライスパワーエキスを主役に据えるため、合わせる成分もエキスとの相性を慎重に選定します。企画側も開発側も“共創”という意識で、お客さまにご満足いただけるよう、よりよいものづくりをめざしています。

ライスパワーエキスの材料は、国産の白米100%です。麹菌、酵母、乳酸菌など自然界に存在する力を活用し、約90日間かけて発酵・熟成させてつくられています。微生物の働きにより、科学では生み出せない‟未知なる力“を引き出す発酵のパワー。お米×発酵から生まれたライスパワーエキスには、自然が引き出した、肌を育む力が凝縮されています。菌や発酵の組み合わせによって、生み出されるエキスは無限大。それぞれに異なる効果をもつライスパワーエキスが生まれ、目的にあったエキスが配合されます。そして、私たちも、主原料のお米にもっと責任を持とう、と決意し、自分たちの手でお米を育てる活動を始めています。

肌が自らうるおいを
育むチカラを、あなたに。

一覧ページへ